【業務内容がことなる?】家政婦と家事代行の違い

婦人

代行サービスの費用の相場

婦人

高齢化社会の進行により家事代行サービスを利用する家庭が増加傾向にあります。高齢者家庭では毎日の家事をこなすだけでも困難になるからです。代行サービスの費用は1時間2500円から3000円が一般的な相場です。その他にスタッフの交通費が加算されます。サービス内容にはお掃除コースや庭の手入れコースなどがあります。

日常の家事を頼める業者

ウーマン

家事代行には、様々なサービスが整っています。水回りや普段使っている部屋、外回りの掃除をしてくれます。その他、草木への水やりに洗濯関係、靴磨きや買い物、荷物の受け取りやクリーニングの受け渡しという細かいところも代行できます。

似ているようで全く違う

掃除道具

業務内容や希望により選ぶ

家事代行サービスと家政婦は似ているようで異なるため、ライフスタイルや求めている家事によって依頼したほうがいいでしょう。基本的に家事代行サービスは、派遣会社を通じて依頼するため、依頼するときにトラブルが少ないのが特徴です。対して家政婦は直接雇用することが少なくないことから、トラブルの際には直接交渉する必要があるといわれています。ただし、家政婦派遣会社がトラブルの窓口となる事を契約書に記載してある場合にはトラブルが多くありません。また、家事代行サービスの場合、派遣を依頼するときにあらかじめ依頼する業務が確定している為、依頼した以上の業務を頼むときには別料金です。対して、家政婦の場合には家政婦派遣によって異なりますが、日給を支払う事が多くなるため、業務内容は多岐にわたって依頼できます。ただし、ペットシッターの役やベビーシッターの役をやってもらおうとするなら、専門的な知識のある人に依頼しましょう。家政婦の中にはペットシッターや介護の資格、ベビーシッターの知識のある人がいるため、家政婦派遣会社であらかじめ相談してください。なお、家政婦の場合には雇用契約の形によって、住み込みで働いてもらう事も可能といわれているため、事前の契約は双方で納得できる形にしてください。対して家事代行は時給で仕事が終われば帰ってくれるので、スポットとして利用するとライフスタイルに役立つといわれています。どちらが利用しやすいのか、ライフスタイルに合わせて結果が異なりますが、希望している条件で見積もりを取り寄せて納得できる会社に依頼してください。

便利なサービスの利用方法

レディ

家事代行サービスを利用する時に業者選びを間違えると、満足いく仕上がりにならない場合があります。選ぶ時には、どのジャンルの家事を得意としているスタッフがいるかを把握しておくようにしましょう。また、従業員教育が行き届いている業者を選びましょう。